宅建は独学でも学べる|これからを生きるコツ

子供の成長をサポートする

保育士

保育士の資格を通信講座で取得する際は、手厚いサポートが受けられて合格保証制度があるものを中心に選ぶと良いでしょう。一度で合格できるようにするには、集中して勉強できる環境を整えることがまず大事になります。

Read More...

スキルが活かされる

ビジネス

ビジネスで求められる資格を武器に、働き甲斐を得る社会人は多いものの、マルチな人材は数多くいるため、特化した資格を学ぶことが話題を集めています。自分にとっても得に繋がり、ビジネスとして安心や信頼に繋がるなどの資格が評判です。

Read More...

プロとして人を癒すために

エステ

人の心身を癒すセラピストを目指す場合は、それぞれの職種に付随する資格を取得しておくことが大切です。資格取得を目指せる専門スクールは全国にたくさん存在しているので、セラピストを目指すなら、専門スクールに通うことから始めましょう。

Read More...

資格の登竜門

住宅模型

市販の参考書でも目指せる

宅地建物取引士、通称宅建。不動産取引の際に重要事項説明など、有資格者が絶対に行わなければならない独占業務かまあります。また、不動産取引行う事務所では5人に1人は有資格者を置かなければならない設置義務資格です。その為、転職や就職に有利な資格として、毎年20万人が受験する人気資格です。受験者のほとんどは独学で目指し、合格しています。宅建は資格の登竜門と言われ、簡単ではありませんが難しくなく、独学で取得可能な資格と言われてます。独学で可能とは言え、合格に必要な勉強時間は個人差あれども平均300時間とされています。独学書は多くの種類があり、内容も歴史の深い試験であることからデータが揃っており充実しています。独学を目指す方は参考書選びからですが、どの本を選んだ場合も効率的に進めるためには、参考書と過去問は同じシリーズで揃えるようにしましょう。

試験の構成は

宅建の試験は4科目で構成されており、50点満点の試験です。合格点はその年により上下しますが、過去36点を越えた年はありません。つまり、全体の7割以上の点数をとれば合格の可能性は非常に高まります。7割と聞くと高得点であり、難しく感じるかもしれません。しかし宅建試験のほとんどは正確な記憶を問う試験がほとんどです。合格に必要な才能はいりません。コツコツと学習を積み重ねる事で、独学でも十分可能な試験です。試験の配点は4科目均等ではなく、偏りがあります。宅建業法が20点、民法14点、法令上の制限8点、その他の法律・税が8点の構成になっています。宅建業法は単純に知識を問う問題であり、1番点数がとりやすい分野です。宅建の合格には、いかに宅建業法を高得点にするかが鍵となっています。